バストアップしたいならこれはNG!逆効果な食べ物たち…

バストダウンさせてしまう食べ物たち

運動時のバスト揺れを抑えたり効果が期待できるサプリメントを利用しても、ある食べ物たちを摂取する事でバストアップとは逆のバストダウンが起きてしまいます。その原因となる食べ物はインドール‐3?カルビノールと言われる成分が多く含まれた食べ物です。例えば、カリフラワーやブロッコリーなどがあり、季節の食材として有名な菜の花も避ける事が大切です。また、白菜や大根いがいにもキャベツもこの成分が多く含まれているため避けましょう。このインドール‐3?カルビノール成分は女性ホルモンの産生を抑えてしまうため、なるべく日常的に摂取する事を避けましょう。ただし、野菜不足とならないようにサプリメントやドリンク剤も利用するようにしましょう。

女性ホルモンを抑えるのは野菜ばかりでないので注意しよう

インドール‐3?カルビノール成分が含まれるのは野菜だけでないので注意が必要です。特にコーヒーを好んで飲む方は注意しましょう。コーヒーにも女性ホルモンの分泌を抑えてしまう可能性が高いため、なるべくバストアップを計画している期間中は避ける事が大切です。人によって異なりますが、平均して1日に約3杯を飲むとバストダウンが起きてしまいやすくなるため、どうしても飲みたい場合は薄めて飲むか、飲む回数を減らすようにしましょう。特にバストサイズが大きい方ほどサイズダウンしやすいため注意が必要です。また、更年期障害など女性ホルモンを必要としている期間もコーヒーは避ける事が大切になります。更年期障害は早くて30代から起こりますが、バストアップを目指す事は結果として更年期障害予防にもつながります。